書籍編集者 城村典子のブログ

著者になるのにブログって大事なの?

本日は、「著者なら知っておきたい「本の広報戦略」」のセミナーでした。
「本を出したいと思っていること」
「ブログを開設してる、発信してるということ」
「本の広報」
この3つは、密接に関連します。
私は、著者の方とMTGしてつくった企画書を
出版社の編集者にみていただくわけですが
その際
当然のことながら
編集者は、本人申請の出版企画書にはこう書いてあるが
実際は、どう?
と、ネット検索をしない人はいません。
その際、
すでに、そのコンテンツでブログ等の発信があって
真剣に活動しているという姿勢は、
「本を出してみたい」
という気持ちに大きく近づきます。
もっと、いうと
ブログをみて、執筆依頼 というケースもあります。
ということがあるように、
ブログを読み、取材依頼 ということもあるわけです。
本の企画が通りやすくなるにも、
その本を広めるにも
ブログは、とても、効果的なのです!
詳しい、著者になる方法はこちら

http://www.reservestock.jp/subscribe/29651

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP