書籍編集者 城村典子のブログ

企画をつくるとワクワクする理由

企画の基本は
何者が(誰が)
ターゲットに対し(誰に)
どういう効能を伝えるか
ということですが、
この、
「何者か」という件について。
著者である自分は「何者であるか」
ということなのですが
ここは是非、自分が考えて
「これいいね」という肩書きになっていただきたい
自分ではよくわならない
と、
人につけていただいた肩書きだったとしても
それが、腑に落ちないのだったら
自分ややりたいことと
今のやってることが違うのかもしれません
だとしたら
やりたくないことをやっている自分の本でいいのか?
自分は「こういう肩書きになりたい」
と思う自分になって
その仕事をする方が幸せでは?
本の企画書をつくっていると
そんな事にも気づけるのだと
あらためて実感します。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP