書籍編集者 城村典子のブログ

あなたは、確実に素晴しい!

「あなたは、確実に素晴しい!」
今日はこのコトバをしっかりとお伝えしたいのです。
編集者にもいろいろありますが、
その願うところも、
「ヒットを飛ばし名を馳せたい」
「この本は世に残すべき」
「この人なればこその本を出したい」
など、様々です。
私は、元来、
「著者と共に企画、本をつくりたい」
という願いをもつ編集者です。
また、複数の版元の編集者を勤めたという経歴もあり
「本とはこういうもの」という
解釈の範囲も広いと思っています。
ですから
「書籍企画書」を見る際には、
おそらく様々な角度から(広い心で!)で見ていると思います。
そして、出版の実現を考えれば考える程、
もっとこうしたら・・・という提案を著者に数多く返してしまいます。
すると、本の制作がかなり進んでから
著者から「初めてほめられた!」と言われることがあり
びっくりします。
きっと「褒める」ことをわすれてしまっていたのでしょう。
私としては、そんなつもりはないのです。
そもそも、本を書こうと思う志、
それだけでも、すごいのですから。
そこから、企画書を書き、原稿を書く。
人に見てもらう。
とても勇気がいりますよね。
素晴しいことです。
しかし、さらにここから、読者との出会いを求めて、行程はまだまだ続くわけです。
その本を喜んでくれる読者が1人でもいれば
その背後に、多くの読者がいます。
それを掘り下げて行く作業を私は、お手伝いします。
だから、ついつい、眉間に皺を寄せて企画書をみていたらすみません。
行く先の困難な行程に備えているだけなのです。
本心は、企画書を私に見せてくださってる方には
とにかく
「あなたは、確実にすばらしい」っていう気持ちなのです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP