書籍編集者 城村典子のブログ

入学式やら新年度やら

Facebookなどでは、入学式の話題が盛りだくさんです。
街には、新入社員らしき人たちもいます。
私のおつきあいしている著者さんたちも
お子さんの入試で、ご苦心されていた秋から冬があり
それが花開き、本当の春を迎えています。
4月が新しい期というのは
世界的には、少数派のようですが、
日本人の感性には合っていると感じます。
自然の摂理からしても
冬に貯え、春に活動を始めるというのは
なんとなく理に適っているような。。。。
だんだん、国際標準になると、
今、一部の学校で9月スタートになっていますが
それが、多数派になるのでしょうか?
例えば、
「入学式と桜」というイメージが
「入学式とぶどう狩り」とか
「入学式と紅葉狩り」になる?
新鮮ですね。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP