書籍編集者 城村典子のブログ

迷いがあっても軸足しっかりしていれば大丈夫 ヒントは、自分の歴史

 

著者の方と一緒に企画書を創ることが
私の仕事の大半です。

その企画をつくるときにも

その後、執筆をするときにも

さらに、その後本を売る時にも

著者の「ミッション」は
常に、「なんのために、このコンテンツを広めるのか」

に対する、答えになります。

その軸足がぶれると、

いろいろ、がたがたになります。

「ミッション」をみつける大きな要素は

「自分の棚卸」

4月からの、淑徳大学公開講座
「人生が輝く自分史講座」

受講生募集中です。

http://ext.shukutoku.ac.jp/course/detail/3808/

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP