書籍編集者 城村典子のブログ

著者になる人は、自分の見せ方をわかってる 

 

昨日は、恒例

「0から始める出版企画書づくり」セミナーでした。

毎回、ハードなワークの参加者を巻き込みますが、
みなさん、ものすごい集中力で、企画書を書き上げて行きます。

一挙に仕上げる中で

「著者になること」を体感していただけたようです。

「著者になること」とは

自分をどういう風にみせたらいいかがわかること

自分を棚卸して
他者に意見をもらい、

類書調査で社会の中の立ち位置をする。

というワークです。

これを
ちょっと、別の角度で、考えようというのが

「出版後の反響が全く違う、自分の魅せ方セミナー」
http://www.reservestock.jp/events/118209

著者や、政治家を多く、イメージブランディングする稲垣麻由美さんを」メイン講師に

効果的な自分のイメージづくりと見せ方を学びます

書籍をつくる上でつくられた自分のイメージと

プロフィール写真のイメージが

統一されていればいるほど

読者の潜在的な安心感、信頼感は増します。

そんな仕事を多く手掛けている

稲垣さんのお話と

私からも
編集者からの著者への期待

読者からの見え方などのお話もさせていただきます。

ぜひ、ご参加ください!

「出版後の反響が全く違う、自分の魅せ方セミナー」
http://www.reservestock.jp/events/118209

4月28日(木)
19時より、高円寺 Jディスカヴァーで開催します
参加費/ 4000円(一般)  3000円(会員)

http://www.reservestock.jp/events/118209

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP