書籍編集者 城村典子のブログ

出版の企画が決まるのに時間がかかっても大丈夫

 

自分の企画をつくっていて
しっくりこないなあと

二転三転することありませんか?

また、
あるいは、企画書ができて
出版社になかなか採用されない、決まらないなあ

と思っていうときもありますよね。

「もっと、しゃんしゃん、すっと、決まらないかなあ」

と思うのも無理ないのですが、

本の出版は、ゆっくり腰を据えて取り組みましょう。

なぜなら、

企画と、出版社(編集者)は相性だから。

焦って、採用されていても、

そのことが必ず「吉」とでるかはわかりません。

いいご縁のときの、企画は、断然に、成果が変わるでしょう。

「決まらない!!」と、イライラするより

気持ちはのんびり構えて、機が来るのを待つ。

また、その間にも、自分のファンを増やしておくなど
やっておくべきことが沢山あるので

出版の決定まで、自分を成長させながら

待てるといいですね。

著者になる、本を出版するための情報を発信しています
↓   ↓

http://www.reservestock.jp/subscribe/29651

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

PAGE TOP