書籍編集者 城村典子のブログ

ヒット企画を狙うと、苦戦する?


『ピクセル』を観てきました。
上映が終わって、ロビーから、長いエスカレーターを降りてくる道すがら、
何組かのゲーマー風の青年たち(秋葉原などに多くいそう)のグループがいて
熱く、映画について語っています。
どうやら、映画の中のゲームの攻略が
かなり、ゲーム攻略のツボを押さえて創られていたようで
盛り上がっています。
私は、ゲームについての造詣に深くなく
彼らの盛り上がりほどには、楽しめなかったのかもしれませんが
それでも、ストーリー展開の、メリハリがすごいので(笑っちゃうくらい)
どうやらこれは、ゲームのリアリティに注力しているのだろうと想像はできて
楽しかったですが。
この映画は、私の知識レベルの人間にわかるようにつくったら
きっと、もっともっさり、くどくどしたものになったでしょう。
盛り上がっていた、彼らのレベルに合わせたからこそ
正解なのだと感じます。
書籍の企画も同様
ターゲットを意識すると、自ずと、語り口は変わります。
すべての人に読んでもらおうというのは、むしろ読者を失うことに。
この本を必要な人の心に響く言葉、キャッチコピーを考えると
そこから逆に、読者が広がります。
マスを狙った大ヒット企画
と考えるより
この本が必要な一人の人の心を動かす
ところから考えると道が開けるのです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP