経営者の味方になってくれる本

【 経営者の味方になってくれる本 】

 

「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる
儲かる会社の会計と経営がよくわかる本」
村田 栄樹 著
ソーテック社 刊
http://amzn.asia/4TeSoCq

会社を経営するというのは、
おのずと責任が伴うものです。

スタッフに対して、お客さんに対して
取引先に対して、金融機関に対して、
社会に対して・・・。

しかし、経営の方法というのは
王道のセオリーはあるものの、

経営判断は、経営者10人がいたら
10通りの判断をするケースもあります。

その経営者らしさ
企業理念
事業内容などから、判断は違うでしょう。

だからこそ、経営者は、マニュアルを学んでも意味がなく
経営者としての知見を養う必要があるのだと思います。

この本は、一瞬タイトルは、
「会計の本なのかしら?」

と思うような言葉なのですが、

 

読むと、経営者に寄り添ってものです。

よく、税理・会計の本は
杓子定規で、ルールはこう
セオリーはこう、というアプローチで

正直好きになれないものも多いです。

「あなたたち、国の番人で
経営者の味方じゃないんですね?」 みたいな。

 

★お金が回る「損益計算書」の使い方

★お金が回る「貸借対照表」の使い方

って、少タイトルがありますがいいですよね~

 

そして

「お金」と「会計」は道具

って、いいですよね~

これから、いつも私の傍らにいてもらおう!
って思う本です。

著者、2冊目の本ということですが
処女作
「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる
経費になる領収書ならない領収書がわかる本」
が売れているということですが、
納得です。

 

★日常を豊かにするための本をと出会うメールマガジン★
発行しています
「それでも、日々は輝いて。~本と一緒に歩こう~」
ぜひ、ご登録ください
いますぐ登録!

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です