書籍編集者 城村典子のブログ

著者になることを時代が後押ししている

 

私が、学校を卒業して出版社に入ったとき、

30歳以上年上の部長から

「昔は、出版業界はリッチだったんだよ」

という話をよく聞かされました。

確かに、
大きな流れで見ると

あれから、25年以上がたちますが
その間、出版点数は、年々増えています。

これは、一冊あたりの本の稼ぐ力が落ちている。
(売上が落ちている)

ということもそうなのですが。

それだけ、読者のニーズも多様化に向かっている
ということかと思います。

例えば
3年ほど前には。それほど数を観なかった
「起業の本」

今では、同じ起業でも
「~成功する人たちの起業」
「~起業して食える人・食えない人」
「起業1年目の教科書」

などなど、数多くあります。

それだけ、起業する人が増えている。

出版社も類書を研究して出しますから
ニーズが多様になっていると言えるといえます。

確かに、時代も
価格ドットコムに象徴されるように「

買うものが明確なときには、価格競争。

むしろ
「どのように使うのか」
「どのように活用するのか」

というノウハウに価値が見出されている時代です。

必要な人に、必要な本。

あなたのもつ、ノウハウを待っている人がいます。

本の出版にチャレンジしましょう


「0から始める出版企画書」
8月23日 18:30~21:00
参加費8000円(会員4000円)

http://www.reservestock.jp/events/134345

 

関連記事一覧

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    「0から始める幸福論」の著者が通ります。
    城村さんのセミナーのコンテンツは魅力的なのが多いですね。そのうち参加させていただきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP