書籍編集者 城村典子のブログ

著者の経験が、オリジナリティあふれる言葉を生む

 

「なぜか愛される女がしている73の習慣」

菊乃 著
双葉社刊

を読みました。
人々が商品を見定める選択眼がますます鋭くなるように
恋愛においても、相手を選ぶ選択眼が
鍛えられてるのでしょうか?
綺麗な女子は増えているように見えますが
一方、
カップルが成立するためには
相手の気持ちをつかむための「とどめの何か」がないと
だめなようです
著者の菊乃さんは、恋愛力向上講師。
こういう女子に対して、救いの手をさし伸ばしています。
この本の見出しが秀逸
男子がみても「?」という感じかもしれませんが
「ビニール袋と紙袋は5つまで」
なかなか耳が痛く、でも、えらく説得力がある。
菊乃さんのプロっぷりを感じます。
(菊乃さんのブログはこちら
 http://ameblo.jp/koakuma-mt/
私も、著者と企画をつくっていて
著者の確信がくると、納得。
最終、見出しを編集者がつくっていたとしても
その億には、著者の言葉のストックがあったからです。
そのためにも
著者自身が行う企画の棚卸は、十分に行って
過ぎることはないと改めて思います。
・・・・・・・・・・・・・
《診断》あなたが確実に出版に近づくために選択すべき道は?
http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1658
お試しください☆

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去記事

カテゴリー

PAGE TOP